一年ほど前に、米デルの年次イベント「Dell World 2015」の取材で同社創業の地である米テキサス州のオースティンを訪れ、本場のテックス・メックス料理を食べて感激したことを本コーナーで書きました。Dell World 2015については、もちろん真面目な(?)記事を何本か書いているのですが、結局、地元の料理を食べた話しか印象に残らなかったという読者もいらっしゃったようで、「お前は何をしにテキサスまで行ってきたんだ」というお叱りを受けたのでした。

 米デルが米EMCの買収を今年9月に完了し、今年はイベント名が「Dell EMC World」に変わりましたが、今回もオースティンに取材に行ってきました。そして、一年ぶりに同じ店で本場のテックス・メックスに再会したのです。やはり、旅先でおいしい地元の料理を食べるのは、何にも代えがたい贅沢ですね。ワカモレ、ファヒータ、グリルされたエビのベーコン巻き……思い出すだけで幸せな気分になります。ただ、イベントレポート(速報)も書いておりますので、こちらもぜひご覧ください! 週刊BCNにも詳報を掲載予定です。

 ちなみに、Dell EMC Worldがオースティンで開催されるのは今回が最後。次回からは「EMC World」と統合され、ラスベガスに場所を移します。残念ながら、私があの店のテックス・メックスにありつけるのも、今回が最後になってしまいそうです。(本多和幸)

【記事はこちら】
「Dell EMC World 2016」開幕、デルテクノロジーズ/Dell EMCブランドをお披露目、デル会長兼CEO「あらゆる市場セグメントでナンバーワンを取る」
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.10.26」より