見知らぬ土地を訪れた時に、スマートフォンの地図アプリをよく使います。道順などがわかって便利ですが、GPSの精度が落ちて自分の現在地を見失うと、とたんに混乱してしまいます。

 国土地理院によると、9月6日に発生した太陽フレアの影響で、8日のGPSの精度が悪くなり、誤差が通常の最大約3倍になっていたそうです。当日は気づきませんでしたが、時間帯によっては、地図上でとんでもない場所にいたかもしれません。(廣瀬秀平)