イベントやセミナーなどで、企業が参加者に配布するノベルティ。日本では、文房具やモバイルグッズなどの小物が主流だが、中国のIT企業では、意外にもリュックサックを配布することが多い。
 

手に入れたリュックを早速利用する参加者の姿も

 9月5から7日にファーウェイが上海で開催した「Huawei Connect 2017」。約2万人が参加したこの大型イベントでも、リュックサックを大量に配布していた。私物のバッグに加え、同社のロゴが入ったリュックを抱えて歩く参加者の姿が目立つ。

 大抵の場合、ノベルティで貰うリュックは、意外にも造りがしっかりしていて、デイリーユースにも耐え得る品質。「Huawei Connect」では、毎回リュックを配るのが恒例だが、参加者のなかには2年前に配布されたものをいまだに使っている人もいた。

 小物のノベルティは、目につきにくいうえに、使い物にならないものが多いが、リュックなら視認性も高く、長持ちするので、広告宣伝の役割をしっかり果たせる。