▼「バンカーがバンカーに」と、ゴルフ接待で銀行員がダジャレを飛ばす。同行者は「リーマンショット!」と切り返すなど、ぎりぎりのギャグで場を温める。ゴルフで深めた親交が、明日のビジネスの糧となっていく。

▼メガバンクが相次いで大規模な人員や店舗の削減計画を発表している。低金利、人口減少、デジタル化。メガバンクをもってしても、体質改善をしなければ、生き残ることができない。

▼日常生活では、現金の出番が減り続けている。銀行の窓口を利用することもなくなった。ディーリングや融資など、人間が担ってきた業務も、自動化が進む。人工知能の能力が向上するかどうかにかかわらず、どんどん人間が不要になっていく。最終的に金融機関で働く(稼働する)のは、情報システムのみということになりそうだ。

▼ITソリューションは、業務支援の役割を超え、いよいよ人員削減の領域へと本格的に切り込んでいく。金融機関に限った話ではない。どの業界にも、いずれ波及していく。人口減少時代が、強く求めているからだ。ダジャレさえも、自然言語処理に飲み込まれてしまう。ゴルフだけは、スポーツとして生き残る。(風)