201711241743_1.jpg
ダンスの様子を生放送していた女性配信者

 BCN上海が入居するオフィスビル隣の静安公園。集団でダンスする中年女性や、大音量で楽器を演奏する高齢者の姿は見慣れたものだが、最近では、若い女性がひとりでおしゃべりしたり、ダンスしたりする様子をインターネットで生放送する姿をよく見かける。そう、中国版Youtuberだ。

 中国では、ネット上の有名人を「網紅」といい、彼らの多くは動画配信が主な活動。広告料や視聴者からのプレゼントで生計を立てている者も少なくない。企業にとっては、商品プロモーションに使える魅力的な人材だ。

 網紅のなかでも、とくに有名なpapi醤(papiちゃん)は、微博(Weibo)のフォロワー数が2500万人を超える大御所。ファンの中国人女性は、「彼女は動画のなかでいろんなキャラクターを演じていて、皮肉めいた口調ながらも嫌みがなく、とても魅力的」と話す。静安公園でみかけるのは、網紅に憧れる今は無名の配信者。私は陰ながら応援することにしよう。