802.11acの次世代にあたる無線LAN規格の802.11ax。業界団体のWi-Fiアライアンスはこの規格の呼び方を「Wi-Fi 6」と命名しています。従来の802.11acは「Wi-Fi 5」、802.11nは「Wi-Fi 4」と、各世代の表示を番号にすることで、一般ユーザーに機器のスペックをより分かりやすく伝えるのが目的です。

 無線LANの新規格が出るときは、規格の正式版がリリースされる前から、次世代規格を先取りした「ドラフト版対応」の製品が発売されるのが毎回の恒例となっています。802.11axも、正式な規格成立は来年春ごろとなる見込みで、まだ対応するPCやスマートフォンはほとんどないにもかかわらず、店頭には早くも「Wi-Fi 6対応」を称するアクセスポイントが並び始めています。

 ただ、確実につながることが求められる企業向けのアクセスポイントでも、今回のWi-Fi 6では、ドラフト版の段階から各社が競うように製品を発表しています。ワークスタイル改革と業務のクラウド化に加え、5Gのサービスが間もなく始まることも、高速無線通信の市場を刺激しているようです。これだけ無線が速くなると、そろそろ有線部分がボトルネックとなることが予想され、オフィスのネットワークの引き直し需要も期待できそうです。(日高彰)