新型コロナウイルスの不安に乗じたサイバー攻撃が増えているとの報告があがっています。セキュリティベンダーのソフォスによると、「感染対策に役立つ情報をまとめました」などと公的機関を装い、マルウェアを含むファイルを開かせようとするメールが急増しているほか、中には「在宅勤務中にサボっていたのをばらすぞ」といった脅迫も行われているといいます。

 普段なら開きもしないようなメールでも、不安や息苦しさを抱えているときには、つい心の警戒レベルが下がってしまうことがあります。そして、危険度が増す理由としてもう一つ指摘されているのが、テレワーク中の社員同士の物理的な距離。不審なメールが届いたとき、会社であれば隣の同僚に確認したり、内線電話で情報システム部門に報告したりといったコミュニケーションがすぐ行えますが、自宅で一人で仕事をしている環境だと、メール1通のためだけに他の人を呼び出すのは気が引けてしまいます。

 最近はテレワーク下で円滑に連絡を行うため、さまざまなツールやノウハウが紹介されています。チームとしての生産性を保つということに加えて、IT環境を安全に保つためにも、風通しの良いコミュニケーションが求められています。(日高 彰)

【記事はこちら】
ソフォス 新型コロナに乗じた攻撃が増加