セキュリティ業界では最近、「ゼロトラスト」や「SASE(サシー、サッシー)」など、新たなトレンドとなるキーワードが多数登場しています。テクノロジーが進歩する一方、サイバー攻撃者の手口も高度になっている中で、ベストな守り方とは何なのか、さまざまなものが考え出され注目されています。

 そうした新しいキーワードの一つに、「SOAR(ソアー)」というものもあります。多数のセキュリティ製品を導入して運用していると、あちこちの製品からアラートが上がって、担当者の負荷が大変なことになります。こうしたアラート対処を含むセキュリティの運用を自動化・効率化するのがSOARです。パロアルトネットワークスは先日、このSOAR製品「Cortex XSOAR」の国内提供を開始しました。

 次世代ファイアウォールが有名な同社ですが、近年は買収戦略でポートフォリオを拡張。今回発表したCortex XSOARも、2019年3月に買収したDemisto(デミスト)のSOARを名称変更し強化したものです。また、同社ではSASEプラットフォームも提供し、業界のトレンドにもいち早く対応しながらビジネスを展開しています。(前田幸慧)

【記事はこちら】
パロアルトネットワークス 「Demisto」を強化したSOARプラットフォームを提供 脅威情報管理機能を統合