最近の子供は勉強しなくてはいけない内容がどんどん増えてきているなと、このところ感じております。特に、今年はプログラミング教育が必修化しました。私が小学生の頃は英語教育が本格化した時期なのですが、テストでかなり苦労したのを覚えています。そして、今の子は国数英社理に加えてプログラミングという新たな領域を学ばなくてはいけなくなるわけです。老婆心ながら大丈夫かなと心配しているところです。

 ただ、近年の教育には「遊び」の要素が取り込まれるようになってきています。特に、プログラミング教育においては実際にコーディングし、自ら作ったコードが動作するところを確認できます。テストの数字でしか可視化できなかった理解度を目に見える形で表れるのはわくわくするのではないでしょうか。願わくば、(私とは違って)勉強=楽しいというイメージを持ってもらいたいものです。(銭君毅)

【記事はこちら】
英国発の組み立て型教育PCが 日本上陸 GIGAスクール構想に照準