ほどよい辛さの麻婆豆腐


 SCSKで働き方改革や健康経営の推進に取り組む山口功・労務部部長のお気に入りの店は、中華料理店の「芝蘭(チーラン)」。おすすめメニューは、「辛すぎるわけでもなく、刺激が足りないわけでもない、ちょうどいい具合の麻婆豆腐」だという。

 山口部長の勤務先である豊洲本社オフィスから歩いて3分程度と近いことから、昼食によく足を運ぶ。普段ならば、まるでSCSKや周辺の同業他社の“社員食堂”のように多くの顔見知りが集う芝蘭だったが、コロナ禍の感染拡大防止の観点から在宅勤務が推奨され、「知り合いと昼食をとる機会が減って残念」と話す。

 ここ数年、再開発が進んでようやく飲食店が充実してきた豊洲界隈。「店がまた減ってしまっては困るので、出社したときは、できるだけほどよい辛味の麻婆豆腐を食べに行くようにしている」とのことだ。(寶)


豊洲駅から徒歩3分 中華料理『芝蘭(チーラン)』
東京都江東区豊洲3-2-24 豊洲フォレシア1階
050-5571-3629 昼2000円程度