受け手の心を動かすコンテンツをつくるには

 アドラー心理学を解説した「嫌われる勇気」などのベストセラーをライターとして手掛けた古賀史健氏が、プロフェッショナルなライターの教科書となる一冊を目指して476ページの大作を書き上げた。
 

 読む人にとって分かりやすい文章を書く技術のベーシックな解説本としては、もはや古典とも言える本多勝一氏の「日本語の作文技術」という名著が思い浮かぶが、本書は趣が異なる。文章術のテクニックというよりも、情報を受け取る人の心を捉え、心を動かすコンテンツをつくるために必要な心構えや方法論、具体的なプロセスを解説したものだ。

 著者がライターとしてのキャリアを通して身につけた思考や行動のプロセスをここまで詳細に言語化し、「教科書」たり得る形に整理するには、気が遠くなるほどの時間と労力が必要だっただろう。あとがきには、「ライターの古賀史健」に自分自身でたくさんの質問をぶつけて、つまり綿密に取材をして書き進めたという趣旨の記述がある。隣接する領域で仕事をしている身としては素直に頭が下がる。

 優れたライターに必要なのは、「書く力」以前に「読む力」であるという指摘には改めて納得させられる。自分がいかに厳しい読者になれるかが価値のあるコンテンツをつくり出すためのキーであり、そのためには情報に能動的に向き合うことが不可欠なのだ。専業のライターや編集者でなくても、コンテンツマーケティングに携わる人などには一読を勧めたい。(霹)


『取材・執筆・推敲 書く人の教科書』
古賀史健 著
ダイヤモンド社 刊(3000円+税)