富士フイルムビジネスイノベーション(富士フイルムBI)は、マイクロソフトのERP「Dynamics 365」の採用を発表しました。従業員数約3万7000人規模の企業での導入は、国内でも最大級となり、従来のオラクル製のERPをベースに構築してきた自社システムからの刷新、乗り換えとなります。

 また、Dynamics 365の自社導入を機にDynamics 365を軸としたERPの外販ビジネスにも本格参入します。真茅久則社長は「まずは当社が先進ユーザーとなり、客先でもより効果的に活用できるよう努める」と、率先垂範する考えです。

 ERP選定にあたって、富士フイルムBIの複合機ユーザーを想定し、中堅・中小企業から大企業まで幅広く応用可能である点を重視。マイクロソフト製品であれば、Windows 10やオフィスソフト、ビデオチャットのTeams、オンラインストレージのOneDriveなどの身近な製品が多く、中堅・中小企業でもなじみやすく、データ共有も容易にできると評価したようです。

 今後は複合機ビジネスと並ぶ中核事業としてERPビジネスを位置づけ、重点的に伸ばしていく方針です。(安藤章司)

【記事はこちら】
富士フイルムBIがERPビジネスに参入、まずは自社基幹システムをDynamics 365に刷新