ZoomやTeamsの爆発的普及の裏で長距離・国際電話が苦境に立たされています。コロナ禍によって音声・映像のインターネット移行が5~10年前倒しになったとされ、実際、テレカンに昔ながらの電話を使うケースはほぼ消滅したといっていいのではないでしょうか。

 長距離・国際電話を担うNTTコミュニケーションズは、音声や映像によるコミュニケーションの主役交代が予想よりも早まった影響を直接的に受けたと容易に想像できます。このことがNTTコミュニケーションズを巡る再編の動きを一段と加速させたといえそうです。(安藤章司)

【記事はこちら】
NTTとNTTデータ グループの海外事業を統合 10月に共同で海外事業会社設立へ