ビジネスコミュニケーションツールの一つとしてメールがありますが、社外への誤送信によってビジネスへの影響や企業ブランドの失墜などにつながる恐れがあります。

 そこで、企業からの要望に沿って誤送信対策を展開するサイバーソリューションズは、メールのやり取りでどのようなミスや危険が潜んでいるのかを調査しました。

 設問の中で、誤送信をした時にどのような対応をしたかを聞いています。すると、相手先には「メールまたは電話で謝罪した」が高い比率となったのに対して、社内への報告では意外な結果が出たようです。(佐相彰彦)

【記事はこちら】
ビジネスメールの誤送信と対応は? サイバーソリューションズが実態調査