多くの企業のIT基盤が、自社のデータセンターに加えて複数のパブリッククラウドを用途によって使い分ける、ハイブリッド/マルチクラウドの形態に移り変わろうとしています。近年、デジタル技術の活用が急速に進んでいるのは喜ばしいことですが、システムの運用に携わる人からすると、モニタリングしなければならないIT資産が次々と増え、業務負荷が重くなる一方……という頭の痛い問題があります。

 すべてのシステムを単一のクラウド基盤に集約してしまうのが一番シンプルに思えますが、それだと他のクラウドで優れたテクノロジーが出てもすぐに導入できないという問題があります。

 Datadog Japanは、システム全体を監視し問題を解決するための「オブザーバビリティプラットフォーム」を提供しています。同社の国本明善カントリーマネージャーは、「(Datadogは)複雑化したITスタックを単純化するのではない。複雑なままそれぞれのテクノロジーの良さを享受しつつ、全体をシンプルに管理していく」と話し、ITの複雑さを認めながらも使い勝手を高めていくアプローチが重要という見方を示しています。(日高 彰)

【記事はこちら】
Datadog Japan 可観測性製品の活用支援を大口顧客へ提供 利用促進でアップセルを図る