業務にドローンを活用する上で、電池の持ちが短く長時間作業ができない、薄暗い倉庫や工場の建屋内で使いにくい、既存の業務アプリとのデータ連携ができないなどの課題が指摘されています。

 ドローン運用の基盤ソフトを開発するブルーイノベーションは、諸課題を克服し得るユニークなドローン機材を国内外から調達するとともに、既存の業務アプリをつなぐ“OS”に相当するプラットフォームの開発に力を入れています

 この5月にはSIerのインテックとの協業をスタート。ドローン運用の難易度が高い建屋内や暗所での点検業務の支援、ならびに業務アプリとのシームレスな連携を推し進めていくそうです。(安藤章司)

【記事はこちら】
ブルーイノベーション ドローン運用基盤のAPIを拡充 SIerと協業、業務アプリとの連携を加速