もはやESG経営を意識しないことは企業にとって大きなリスクです。日本企業も欧米に右へ倣えでそれぞれの戦略を推し進めています。ただ「これでいいのか?」という声も聞こえてきます。形だけのESG経営となっており、目的である企業価値向上に直結していないケースも多いそうです。

 「どんなESG施策を行うべきなのか把握できていない。また、それによって得られる企業価値をステークホルダーに伝えられていない」と問題点を指摘するのは、アクセンチュアの保科学世・ビジネスコンサルティング本部AIグループ日本統括AIセンター長。同社は8月1日にESG経営を支援するAIソリューション「AI PoweredEnterprise Value Cockpit」を発表しました。

 同ソリューションは環境・社会・ガバナンス・財務の各因子の観点で企業価値に与える影響を予測、成長のための施策を提示するというもの。今後は海外のデータなどを取り込み、グローバル規模のシミュレーターを目指します。欧米の真似事ではない日本流ESG経営を確立する助けとなることを期待したいです。(大蔵大輔)

【記事はこちら】
形だけのESG経営をAIで解消、アクセンチュアの「AI PoweredEnterprise Value Cockpit」