ニュース

形だけのESG経営をAIで解消、アクセンチュアの「AI PoweredEnterprise Value Cockpit」

2022/08/02 12:30

 アクセンチュアは8月1日、データに基づくESG経営を支援するAIソリューションに関する記者発表会を開催し、日本におけるESG経営の問題点と九州大学都市研究センターと共同開発した「AI PoweredEnterprise Value Cockpit(AIP ECVC)」の概要を説明した。

 ESGを企業戦略の中心とする動きはグローバルで加速しており、日本市場においてもESG投資額の年平均成長率は320.1%と伸長している。同社の保科学世・ビジネスコンサルティング本部AIグループ日本統括AIセンター長は、ESG戦略の重要性を認めつつも、「企業価値向上につなげられていない」と指摘し、「自社の立ち位置や不足している要素が分からず、どんなESG施策をすべきなのか把握できていない。また、ESG施策によって得られる企業価値をステークホルダーに伝えられていない」と述べた。
 
保科学世・AIセンター長

 こうした問題を解消し、ESG経営を支援することを目的に開発されたのがAIP ECVCだ。ESG戦略が企業価値にもたらすインパクトを予測・分析、さらには成長につながる施策を提示するというもので、単独でも提供するが、同社のコンサルティングや他のAI Poweredサービスと連動させることでより高精度のデータ主導型経営をサポートする。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

大塚商会、サステナビリティ関連方針を策定

OBC、コーポレートサイトを全面リニューアル サステナビリティサイト新設も

鈴与シンワート、SDGsのマテリアリティ特定プロセスを公開

外部リンク

アクセンチュア=https://www.accenture.com/jp-ja

おすすめ記事