アクションカムのメーカーシェアに大きな変化があった。6月、パナソニックのメーカーシェアが前月比で10ポイント以上も急伸し、27.3%と2位に浮上。1位(シェア31.9%)のGoProに迫る勢いだ。

 原動力は6月に発売した新製品「HX-A1H」。6月のシリーズ別販売台数シェア15.6%で堂々の1位を獲得したことが大きい。ヘッドマウントで目線の位置に取り付けられる小型軽量モデルながら、税別実売価格は3万円を切る水準。手頃さもあって人気に拍車をかけている。これで、ソニーも交えた上位3社のシェア争いが一気にホットになってきた。

>> 【詳細はこちら】実売・市況・ランキング BCNマーケティング