デジタルビデオカメラの販売縮小が徐々に底を打ち始めた。2013年8月比でみると、販売台数はこの8月で0.73、販売金額は0.82と市場は大きく縮小してきた。前年比では前年割れ基調ではあるものの、徐々にそのマイナスが小さくなっている。例えば14年8月の販売前年比は台数で79.6%、金額で88.5%と、大きく二ケタ割れの水準だった。

パナソニックの売れ筋ビデオカメラ「HC-W570M」

 ところがこの8月では、台数91.7%、金額93.2%と一ケタ台のマイナスにとどまった。平均単価の上昇による販売金額の底打ち感は強い。

 4K化が従来のデジタルビデオカメラだけでなく、伸びているカテゴリであるアクションカムでも進んでいることが大きい。

 デジタルビデオカメラのメーカー別販売台数動向をみると、このところシェアを拡大し始めているのが、パナソニックとGoProだ。いずれもアクションカメラで販売に勢いをつけており、とくにパナソニックはトップシェアを走り続けてきたソニーを脅かす存在になってきた。2月から5月までの4か月間はソニーからトップの座を奪い、現在でも僅差で競っている。

 誰もがスマートフォンで動画撮影は経験するものの、撮影データを管理する必要がない、極めてライトなものに限られる。

 一方で、きちんと撮るにはやはり専用機が必要と、再評価され始めているようだ。これが市場縮小が止まり始めた一つの要因だろう。スマートフォンにできないことを徹底的に追求することが、スマートフォンに奪われてきた市場を取り戻すためには不可欠だ。