アップルのiPhone 6s/6s Plusが9月25日に発売された。BCNランキングで集計した発売直後3日間(9月25~27日)の初速実売データでは、最も売れたモデルは60.2%で「iPhone 6sの64GB」、キャリアシェアがソフトバンクで41.3%とトップだった。予約販売限定のため、発売日に風物詩となっている長蛇の列が消えた影響なのか、発売直後3日間の販売台数は前年比で84.0%と静かな船出だった。

 iPhone 6s は4.7インチ、iPhone 6s Plusは5.5インチ、容量はそれぞれ16GB、64GB、128GBとラインアップの大枠は昨年を踏襲した新iPhone。発売直後3日間の販売台数構成比では、6sが89.0%、6s Plusが11.0%と、初速は4.7インチモデルが9割近くを占めた。

3D Touch機能も加わったiPhone 6s

 内訳は、最多の6s 64 GBモデルに続いて、同じく6s 128GBモデルが16.0%、6s 16GBモデルが12.8%だった。6s Plusでは64GBモデルの5.9%で最多だったが、構成比は1ケタにとどまった。大容量化は確実に進んでおり、昨年のiPhone 6/6 Plusの発売直後に比べて、64GBモデルの構成比は8.3ポイントも拡大した。

 一方で、5.5インチモデルの構成比は6.7ポイント縮小しており、現時点では、ファブレット化の進展は足踏み状態だ。

 2013年に主要キャリアすべてで取り扱いが始まったiPhoneは、この年、iPhone 5s/5cで飛躍的に販売台数を伸ばした。14年のiPhone 6/6 Plusでは、初めて画面サイズを2ラインアップで展開し、さらに売り上げを拡大させた。iPhone 6s/6s Plusでは、このような目新しい展開が乏しい。