今年9月、スマートフォン(スマホ)の販売台数前年比が83.9%と2ケタ割れを喫した。9月25日にはアップルのiPhone 6s/6s Plusが発売されたばかり。にもかかわらず販売台数が大きく前年を下回るのは異例の出来事だ。一方シャープは10月6日、2足歩行可能な小型ロボットとスマホを合体させた「RoBoHoN(ロボホン)」を発表、新たな市場の開拓を狙っている。スマホ市場の潮目は大きく変わりつつある。

 日本のスマホ市場はアップルのシェアが極めて高い。9月は新製品発売直後とあって、63.1%と圧倒的なシェアを記録した。しかし、71.7%だった昨年9月に比べれば、アップルの影響力が小さくなっていることは否めない。アップルの販売台数前年比も74.3%と2割以上も縮小している。9月のスマホ市場全体が大きく前年を下回ったのはこうした背景があった。

シャープが発表した小型ロボット「RoBoHoN」

 シャープは、9月のスマホシェア9.1%と2位。アップルに大きく水をあけられているばかりでなく、14年11月以降11か月連続で販売台数の前年割れが続いている。この5月には49.0%と半減したものの、9月は99.8%と前年並みまで押し戻してきた。10月6日に発表したロボット型のスマホRoBoHoNは「飛び道具」(コンシューマーエレクトロニクスカンパニーの長谷川祥典社長)の側面もある一方で、スマホ市場の閉塞感を何とかして打ち破ろうとする同社の姿勢の現れともいえる。