世界初にこだわるブランド戦略

パナソニック
AVC商品部テレビ・
ビデオ商品課
中西智紀 氏
 パナソニックが11月13日に発売したブルーレイディスクレコーダー「DIGA(ディーガ) DMR-UBZ1」は、世界初のUltra HDブルーレイ(UHDブルーレイ)に対応した。UHDブルーレイは、現行のブルーレイに代わる新しいディスク規格だ。DVDの登場が1996年でブルーレイの登場が2006年。ちょうど10年サイクルで新しい規格が発表されている。

 DVDからブルーレイへの高画質化が進んだようにUHDブルーレイも再現領域をさらに拡張した。4K解像度(3840×2160ドット)はもちろん、映像業界でトレンドになりつつあるHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応する。4K/8K放送向けに策定された「BT.2020」の広色域信号をサポートするなど、全面的にスペックが上がった。

 しかし、現時点でUHDブルーレイのコンテンツはまだ登場していない。先行して対応レコーダーを出したパナソニックの狙いについてAVC商品部テレビ・ビデオ商品課の中西智紀氏はこう語る。「業界関係者が注目しているのがHDR。階調表現が豊かになり、映像作品を制作するときの絵づくりが根本的に変わる」。具体的には、輝度の表現範囲が0~100nitから0~1000nitに拡張されるので、製作者側の表現の幅は圧倒的に広がる。業界に先駆けて対応製品を発売することで、レコーダー市場をリードするパナソニックのブランドを高める。「ユーザーがDIGAを選択する理由に挙げる“高機能”と“信頼性”のさらなる訴求のため世界初にこだわった」(同氏)と語る。(BCNランキング 大蔵大輔)

世界初のUHDブルーレイ対応レコーダー
「DIGA DMR-UBZ1」