「マックワールド エクスポ ボストン'89」初日の8月10日の夜、ボストン市内の展示会場からチャールズ川を挾んだ対岸のMIT(マサチューセッツエ科大学)の階段教室で、コンピュータの過去、現在を振り返り、今後のあるべき姿を、熱っぽく語っていた男がいる。男の名は、アラン・ケイ、アップルフェロー(副社長待遇の特別研究員)というよりも、「ダイナブック」という究極のラップトップの概念を考えだした人物として、いまでは伝説の人である。【米東部ボストン発BCN高田正純特派員】