米シマンテックコーポレーションでマーケティングインテリジェンスディレクターを務め、市場調査とアナリストリレーションの責任者という肩書きを持つローレンス・D・ディエッツ氏は、IT業界では非常に珍しい経歴の持ち主だ。カリフォルニア州で弁護士として活動し、インターネットやインフォメーションセキュリティに関する法律、規制について多くの講演を行っているほか、米国陸軍大佐としてボスニアのサラエボで合同情報軍事作戦の副司令官を務めた経歴をもっている。現在はシマンテックのガバメントリレーションの責任者としても活躍。米国の上院議員や連邦政府の主要人とも面識をもつ。ディエッツ氏に、米国でのセキュリティビジネスと政府との関わりについて聞いた。