ピー・シー・エー(PCA、川島正夫会長兼社長)は来年度(2008年3月期)から、PCA製品を導入する新規・既存企業に対するサポート体制を強化するため、認定資格制度を改変する。派遣会社に登録している人材や定年退職したIT人材などを活用し、個人の有資格者を現在の倍に増やすほか、販社やSIerの法人資格を拡充する。47都道府県で、製品の導入や運用、保守などを均等に行えるワンストップの体制を築く。PCA製品の導入数が増えたことによるサポート人員不足を解消し、内部統制や国の新法制度改正などに迅速に対応することで、競合他社との差別化を狙う。(谷畑良胤●取材/文)