SIerトップ集団の競争が激化している。2007年3月期決算ではNTTデータが過去最高の1兆円超の連結売上高をマークしたのに続き、野村総合研究所(NRI)が初めて売上高3000億円を超えた。合併や再編などで“3000億円プレーヤー”を目指す予備軍も続々現れてきている。一方で、ビジネスモデルの転換に遅れたり、トップ集団から大きく遅れをとったSIerが新たな生き残りの道を探る動きもみえる。