その他

マイクロソフト 顧客への訪問部隊を新設

2007/07/16 21:10

週刊BCN 2007年07月16日vol.1195掲載

 マイクロソフト(ダレン・ヒューストン社長)は今年度(2008年6月期)、中堅・中小企業(SMB)に直接訪問する専任部隊や主要パートナー各社に応じた戦略を企画する「チャネル開発本部」などの組織を設置した。今年度からSMB担当責任者を兼務する樋口泰行・代表執行役兼代表執行責任者(COO)がこのほど、本紙の取材で明らかにした。「顧客接点が不足し、期待に応えられていない部分がある」と、SMBでもソリューションを伴う案件に直接関与するため、クライアントPCとOffice製品を組み合わせた提案を企画する新部隊も立ち上げた。欧米に比べIT化の遅れが目立つ国内SMBを攻略する構えだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

マイクロソフト、樋口泰行・代表執行役兼COOが社長就任へ、4月1日付けで

おすすめ記事