内田洋行(向井眞一社長)はビジネスモデルの刷新に向けて動き始めた。これまで中堅中小企業向けの基幹業務システムの構築で強さを発揮してきたが、大手企業向けのSIは手薄だった。ここを重点的に拡充することでビジネス拡大の突破口をつくる。オフィス家具との融合によるユビキタスコンピューティングの実現など“内田洋行らしさ”を前面に出していくことで競争優位性を高めていく。(安藤章司●取材/文)