レノボジャパン(天野総太郎社長)は、就業型のインターンシップを2-4週間にわたり、神奈川県の大和研究所で実施した。インターンシップを行うのは同社初となる。学生が実社会を学ぶ場を提供するのは当然として、レノボ自身を学生に知ってもらう機会、また、レノボの若手エンジニアの育成なども目的に含まれているという。(鍋島蓉子●取材/文)