アプリケーション(AP)サーバー市場で販売金額トップの富士通。2位日本IBM、3位日立製作所が今秋にメジャーバージョンアップ版を発売して攻勢をかけるなか、No.1メーカーは今をどう分析し、ライバルを迎え撃つつもりか。同社APサーバー「InterStage」の開発を担当する保西義孝・ソフトウェア事業本部アプリケーションマネジメント・ミドルウェア事業部プロジェクト部長に製品開発戦略と市場動向を聞いた。