富士通(野副州旦社長)は4月1日、富士通シーメンス・コンピューターズ(FSC)を完全子会社化、富士通テクノロジー・ソリューションズ(FTS)に社名を変更した。FTSはIAサーバーの開発を一手に引き受ける重要な子会社だ。野副社長は挑戦的な数値目標を明示。「開発会社を海外に集約して、国内施策は大丈夫なのか?」という懸念の声も聞こえるが、すでに商流改革に動いている。