NECを筆頭に各地域の販社で構成する「NEC-NETグループ」の参加企業による協業が、ここにきて一段と強化されている。新規開拓に向け、地域を越えて販社同士で販売面でアライアンスを組むといった動きが活発化してきた。共同で新しい製品を開発するケースもある。厳しい市場環境のなか、複数の力を集結させて事業拡大を図ろうとする姿がみえる。