システム開発の作業項目を定義し、ユーザー企業とITベンダーの双方が共通して利用できるようにすることを目的とするガイドライン「共通フレーム 2007」。このガイドラインの中小企業への浸透度に遅れがみられる。