コンピュータソフトウェア協会(CSAJ、和田成史会長)は、2009年8月から取り組んでいたクラウド環境調査・研究レポートをまとめ、3月末をメドに会員企業に公開する。それに先立ち、本紙は、同協会の常任理事でクラウドコンピューティング研究会の主査を務める山本祥之氏(インテリジェントウェイブ社長)に単独取材し、分析結果を聞いた。山本氏は、「日本よりも海外のほうがクラウド環境ははるかに進んでいる」と断言している。