その他

TIS 天津DCを全面開業 海外ビジネスの拡大急ぐ

2010/05/20 21:07

週刊BCN 2010年05月17日vol.1333掲載

 SIerトップグループに位置するITホールディングスグループTISの海外ビジネスが本格的に立ち上がってきた。中国天津市で、1200ラック規模の大型データセンター(DC)を全面開業。中国国内でのITアウトソーシング需要の取り込みに全力を挙げる。同国で自社の大型DCを開業するのは、日本の主要SIerとしては初めて。中国市場の拡大を受けて、日系コンピュータメーカーや大手SIerも中国でのDC設備の拡充を推進。TISでは「他社が追いつく頃には、当社は第2、第3のDCを中国で立ち上げられるよう、ビジネスの拡大を急ぐ」と、先行者利益を最大限に生かす方針だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

TIS サービス系の比率を5割へ拡大

インテックHDとTIS 経営統合で勝ち残りへ トップグループ入り果たす

<中国市場レポート>日系企業向けで“巨大”中国市場が誕生

MIJS 中国・成都市ソフト協と提携 中国側の販売支援に期待