【上海発】中国のIT業界で人材の争奪戦が激しくなってきた。システム案件が増えていることが要因で、中国と日系の大手SIerともに他社から優秀な人材をヘッドハンティングする動きが進みつつあるという。とくに、中堅SIerが人材引き抜きの標的になっているようだ。そんななか、PFUの中国子会社で中堅SIerに位置づけられるPFU上海計算機(天井豊董事長)は、生き残り策として、地道な活動を展開している。