その他

アジアで通用するか、国産パッケージ 現地地場企業のニーズ取り込みが課題

2010/10/28 21:07

週刊BCN 2010年10月25日vol.1355掲載

 近年、国内メーカーやSIerはアジアなど新興市場にこぞって進出している。国産パッケージソフトウェアベンダーは、日系企業の海外事業所を中心に販売攻勢をかけてきた。ここへきて、現地の地場企業に軸足を移すベンダーもみられるようになった。だが、本当に現地のニーズにマッチしたプロダクトが提供できているのか。国産パッケージソフトは世界に通用するかどうかが試されている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<解剖!メーカー流通網>60.アスプローバ 5区分のパートナー経由の商流 直販回帰、海外進出にも意欲的

アスプローバ、中国市場での代理店開拓に本腰

アスプローバ 海外事業を強力に推進 5拠点体制構築