組み込みソフトウェア市場の復活が鮮明になってきた。スマートフォンの開発需要が拡大の一途であるのに加え、携帯電話以外のスマート系デバイスの市場拡大も期待される。携帯電話の組み込みソフト開発では、Android OS向けがおよそ半分を超えるまで拡大してきた有力SIerも現れており、この勢いは当面続きそうだ。ただ、従来のクローズドな組み込みソフト開発ではなく、Androidをはじめとするオープン環境へと主戦場が移行している。この変化に対応できるかどうかが次の成長を大きく左右するだろう。(安藤章司)