2011年7月1日、レノボとNECが共同出資する持ち株会社「Lenovo NEC Holdings B・V」が本格的に動き出す。その準備に向けて今、レノボとNECの両社の幹部が集う合同会議を毎週開いている。レノボ・ジャパンとNECのパソコン会社のトップなどが揃う、この戦略会議のメンバーは総勢およそ20人。レノボ・ジャパンの社長であり、新たな持ち株会社の会長に就くロードリック・ラピン氏が「週刊BCN」編集部の単独取材に応じて、その中身を語った。(木村剛士)