NEC(遠藤信博社長)とレノボは、1月27日、パソコン事業で合弁会社を設立することを正式発表した。

 持ち株会社として、「Lenovo NEC Holdings B.V」を2011年6月中をめどに設立する。出資比率は、レノボが51%、NECが49%。登記上の本社はオランダだが、主要業務を担当する本社機能は東京に置く。社長には、NECパーソナルプロダクツで社長を務める高須英世氏が就任し、会長にはレノボ・ジャパン社長のロードリック・ラピン氏が務める。

 持ち株会社の傘下に、NECパーソナルプロダクツのパソコン事業を分離して新たに設立する事業会社のNECパーソナルコンピュータと、レノボの日本法人であるレノボ・ジャパンが配置されるかたちになる。(木村剛士)

記念撮影に握手しながら応えるレノボのヤン・ユアンチンCEO(左)とNECの遠藤信博社長