富士通グループのシステムインテグレータ(SIer)で、宮城県仙台市に本社を置く富士通東北システムズ(八田信社長)。同社は、青森県のデータセンター(DC)の増床に伴って、2010年、エーピーシー・ジャパン(APCジャパン)のDC向け物理インフラの統合ソリューション「InfraStruXure(インフラストラクチャー)」を導入した。青森DCで、エネルギーの効率活用を実現している。