ユーザー企業の間で災害対策を施そうという意識が高まっている。2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけとして、社内データの損失防止、情報システムのアウトソーシングなどを活用する企業が増えているのだ。震災後、関東地方を中心に計画停電が実施されたことで、節電を意識した対策も進んでいる。震災後に規模が拡大したIT分野の災害対策製品・サービスの実状を探る。(文/佐相彰彦)