その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>北海道社会保険病院 電子カルテシステムをiPadで 安全な環境を築いて業務を効率化

2012/03/15 21:07

週刊BCN 2012年03月12日vol.1423掲載

 北海道社会保険病院(岸不盡彌病院長)は、医師や看護師の業務の効率化を目的に、2012年2月、iPad/iPod touch経由で電子カルテシステムを利用でき、MDM(モバイルデバイス管理)機能によって情報漏えいを防ぐソリューションを導入した。これは、セキュリティ事業の日本ベリサインが提供したもの。現在、病院はこのソリューションを全6棟のうちの1棟で使っており、今後、導入を全棟に拡大する計画だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

日本ベリサイン、電子カルテ向けスマートデバイスソリューションを発売、北海道社会保険病院が採用

絡み合う利害関係 医療IT、未だ進展せず

<e-Japanのあした 2005>64.電子カルテと診療報酬