愛知県小牧市に本社を置く有力物流・倉庫事業者の名豊興運(倉田直樹社長)は、日立製作所のクラウド型倉庫管理システム「Sherpa/倉庫管理クラウドソリューション」を採用した。名豊興運は愛知県を中心に六つの物流センターと6か所の事業所を展開しており、このなかでも最新鋭の冷蔵・冷凍設備を備えた「小牧南物流センター」に「Sherpa」を適用した。システムの活用によって“攻めの営業”の実践が可能になり、多数の新規顧客の獲得につなげた成功事例である。