情報通信(ICT)市場の最新動向を総務省「2012年版情報通信白書」をもとに俯瞰した。世界のICT市場の強力な成長エンジン役を担うのは中国・ASEANの巨大市場を抱えるアジア・太平洋地域であることが明確に示されている。また、クラウドを支えるデータセンター(DC)やスマートフォンをはじめとするスマートデバイスが、ICTビジネスに強い影響を与える。一方で、日本のICT産業のグローバル化への課題も浮き彫りになっている。(文/安藤章司)