ラリタン・ジャパン(クリストファー・マクファーソン社長)は、従来のKVMスイッチ事業に加え、節電ニーズの高まりによって成長が見込まれるデータセンター(DC)向け電源管理ソリューション事業の拡大を目指し、販売網の構築を進めている。このほど、米国に本社を置くIT設備系ディストリビュータであるAnixterの日本法人、Anixter Japanと国内販売代理店契約を締結した。販売パートナーをさらに増やし、3年後をめどに、DC向け事業の売上比率を50%に引き上げる計画だ。