日本の組み込みソフト産業は復活するのか──。それは、RT(ロボットテクノロジー)とM2M(マシン・トゥ・マシン)を組み合わせて、サービスプラットフォームを構築できるかどうかにかかっている。