落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>

KeyPerson

“スマート化”の中核領域を担う

組込みシステム技術協会(JASA) 会長 簗田 稔

取材・文/安藤章司 撮影/大星直輝

2011/10/13 19:37

簗田 稔

週刊BCN 2011年10月10日vol.1402掲載

 電子機器の付加価値を高める源泉である組み込みソフトだが、ここ数年、伸び悩み感が否めない。スマートデバイスからスマートコミュニティに至るまで、あらゆるカテゴリでスマート化が進むなか、そのソフトウェア部分の中核を担う組み込みソフトの競争力はそのまま産業全体の競争力を大きく左右する。今年6月に就任した組込みシステム技術協会(JASA)の簗田稔会長(コア社長)に話を聞いた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!

関連記事

岐路に立つ組み込みソフト 開発の海外シフトが鮮明に

JASA、OESFと人材育成事業で提携、組込み技術者の育成強化へ

組込みシステム技術協会 ETEC受験者が順調な伸び 1年で延べ1万人見通し 中級レベルも年内開始へ