クララオンラインと協業する中国大手調査会社の易観国際は、中国のネットビジネスの発展レベルについて「インターネット+(プラス)」というキーワードで表現する。文藝総裁助理は、「ネットと接続していない業種・業態がまだ多く残っており、いち早くネットと“プラス=接続”させた企業がビジネスチャンスをつかむ」と分析する。具体的にはオフライン主体の伝統産業や地域産業のオンライン化、あるいは逆にオンラインからオフラインに誘導する「O2O」や、モバイルやパソコン、ソーシャル、店舗、通販など、あらゆる販売チャネルを融合させる「オムニチャネル」などを念頭に置く。